お問い合わせは0256-47-4210

営業時間:8:30~17:30 FAX:0256-47-4211

MENU

抜型事業山﨑抜型の特許技術

山﨑抜型は抜型の特許技術をもっている抜型屋です

成型品の形状に合わせて刃ごと稼動する「特許技術」

パッケージシートの微妙な角度や形状の違いにあわせて稼動する「位置決めブロック」を開発・特許取得いたしました。(特願2008-316408 「成形シートの抜刃型」)
一つ一つのブロックの中央に支柱を入れ、成型品にあわせて刃ごと角度が変化する可動式にしました。
加えて、オリジナルの「スプリング装置」を稼動ブロックの下四隅に設置し、抜き打ち後ブロックごと成型品を跳ね出すように設計。
跳ね出し用のゴムの必要もなく、キレイに正確に打ち抜く事が可能になりました。

このような変形した成形品も綺麗に抜く事ができます。

  • 理想的な形で成型されたシート

  • 実際には熱などの影響で四隅が収縮しパックが歪む

  • 従来の抜型では四隅やそれに近い部分のパックが歪んで打ち抜かれることが多かった

商品のパッケージエラーが出やすい。パッケージの密封のための面積が少なくなり、漏洩・混入の原因に。

動画で見る山﨑抜型の特許

閉じる